2011/11/21
僕が店を引き継いで、はや5年が経過しました。
その間の一番大きな出来事は店舗の改装だと思っています。
設計士とのやり取り・意見交換、町家改装のコンペティション参加
仮店舗(中央卸売市場内)での営業、資金の捻出、人材の確保など
普段の仕事と並行して様々な問題をオープンまでの数カ月に対処
してました。
結局、思い半ばにして改装オープンを迎え、自分のやりたい表現
と違うことに苛立ちながら日々忙しくこなしていたように思います。

店舗の外観が人目を引いて今まで八百屋があるなんて全く
意識せずに商店街を歩いていた人たちも立ち止まり、また
店内に吸い込まれるように入ってくるお客様が本当に
多数いらっしゃいました。

思い半ばとは言え、惣菜と組み合わせた形態はそれなりに
カタチを変えながら今へと進化してきたわけですが、
自分なりのやりたいこととは少々ズレたまま今日に至ります。

僕に足りなかったのは、自分のやりたいこと・表現の具体性です。
現実のカタチにするためにスタッフに思いを伝えていくチカラの欠如。

イメージを具現化するためには、ちゃんとした実践なり思考の繰り返し
が必要なのでしょうが・・・

どちらかと言えば、空想家な自分なので

今、5年を機に自分がこれまで辿ってきた過程を振り返りながら、何に刺激・感銘を受け
その本質・エッセンスをいかに店づくりに応用・反映させようとして
きたか・・・

整理していくと自分が考えるやりたい表現が見えてくるような気がします

話しは20年前・19歳の自分からスタートします!





Comment Edit

管理者のみに表示
or
Trackback
1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
あなたが欲しかったあの商品を手に入れる最大のチャンス!
登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
-  HOME